1. Omni Compilerとは

Omni Compilerは, XcalableMPXcalableACCOpenACC といった指示文を含むコードを対象としたコンパイラである.対応しているベース言語は,XcalableMPはC言語(C90)およびFortran 90,XcalableACCとOpenACCはC言語(C90)である.

Omni Compilerはsource-to-sourceコンパイラの一種であり,ベース言語と各指示文で記述されたコードを,Omni Compilerが提供するランタイムの呼び出しを含むコードに変換する.Omni Compilerの内部では,XML表現の中間コードである XcodeML を用いて,コードの解析などを行っている.下記に,Omni Compilerの動作の流れを示す.

_images/flow.png

Omni Compilerは,最終的にネイティブコンパイラ( mpiccnvcc コマンドなど)を用いて,ランタイムの呼び出しに変換されたコードをコンパイルし,実行ファイルを生成する.Omni Compilerが提供するランタイムは,XcalableMPではMPI,OpenACCではCUDA,XcalableACCではMPIとCUDAの両方を用いている.

XcalableMPにおいては,MPIと他の片側通信ライブラリとを併用することにより,より高速なランタイムを生成できる場合がある.詳細は インストール方法 の「XcalableMPにおける他の片側通信ライブラリの利用」に記載している.